アロエベラの産地は?

アロエベラの産地は?

アロエベラは熱帯、又は亜熱帯地方が原産地の常緑多年草で、生育に3〜5年の年月がかかります。

冬場に雪が降る日本では、戸外で育てることは難しいですね。ですので、日本では、伊豆とか沖縄などの暖かい地域で商用のアロエベラが栽培されていますが、ハウス栽培が多いようです。

アロエの故郷と言われているテキサスでは、広大な大地で、見渡す限り地平線の向こうまでアロエベラ畑が続いている地域が、メキシコとの国境沿い辺りにあります。

アメリカに伝わったのは、コロンブスの一行によると言われていますが、コロンブスも医療薬としてアロエベラを持参していたようですね。

アメリカに伝わったアロエベラは、大地の条件、雨量などの気候条件などから、テキサス南部が最も良質なアロエベラが育つ地域として知られるようになり、世界中のアロエベラの需要の多くを賄っているようです。

日本は、雨量が多いので、アロエベラが多年草であるにもかかわらず、1年ほどで生育するようです。それに対して、テキサス南部地域の雨量は、年間の雨量が100ミリ前後という少量なので、生育に3〜5年かかります。

大地に深く根をおろさないと水分を補給できないので、何十メートルも根が伸びるそうです。大地には、多種類のミネラル分が含まれている地域なので、長い年月をかけて、大地のミネラルをたっぷり吸収するので、テキサスのアロエベラの成分は比類ないほど優れているようです。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。