アロエベラジュースは味噌と合う?

アロエベラジュースは味噌と合う?

アロエベラの葉肉のヌルヌルネバネバした部分には、解毒効果が期待できる高分子多糖体がたっぷり含まれていて、ミネラル成分も微量だけどバランスよく200種くらい含まれてるって事なので、毎日アロエベラジュースを飲んでいるんですよ。

アロエって苦いよね〜って思ってたけど、苦いのは葉皮に含まれてるアロインって成分なので、葉肉だけだと全然苦くないのね。

けど、甘くもないし、ちょっと青臭さがあるかなって感じだけど、味が無いって言った方がいいかな!

できるだけ加工してない自然のままのアロエベラジュースが身体には良いので、保存料を使用していないアロエベラジュースを飲んでるんですよ。

1ビンを5日くらいで飲むので、保存料が入ってないので、開栓したら冷蔵庫に入れておくんですけど、冬場になると冷蔵庫で冷えたアロエベラジュースは、ちょっと冷たすぎて・・・

そこで、私はアロエベラジュースに味噌汁入れて飲んじゃってます。
湯飲みに7分目くらいアロエベラジュースを入れた中に、お玉に2杯くらいの味噌汁入れて、生あったかい味噌汁入りアロエベラジュースを飲んでます。

アロエベラジュースには、焼き塩を耳掻き1杯くらい入れて飲むといいよとは聞いてたんだけど、基本的に何を混ぜて飲んでもOKって事らしいので、冬場はあったかい味噌汁がオススメ(^_-)-☆

某テレビの健康番組で、アロエベラの特集をしているときに、アロエベラの効果的な食べ方ってことで、アロエベラと味噌を一緒に食べると良いって言ってましたしね!

と、いうことで、私流アロエベラジュースの飲み方でした!

アロエベラの食べ方

アロエベラの食べ方

アロエベラは、できるだけ加工しないで、そのまま食べるのが良いのですが、アロエベラは寒さに弱く、日本で育つ地域は限られています。

また、良質な成分を持つアロエベラの栽培は、土壌や気候などの条件からアロエの故郷といわれるテキサスで育ったものが一番良いですね。

けれど、テキサス産のアロエベラの生を毎日食べることは無理なので、テキサス産のアロエベラを一番加工が少ない状態で食べるなら、葉肉を絞った状態のアロエベラジュースが良いです。科学的な保存料(安息酸Na.など)を使用していないものが良いですね。


注)生のアロエを食べるときの注意が一つ有ります。

アロエを常食していると、麻酔が効かなくなったり、流産するなどと言われていますが、葉皮に含まれるアロインという成分を常食するとこのような副作用が有ります。

苦味の部分がアロインで、薬に分類されるので、食用としてアロエを食べるときには、アロインが含まれる緑の葉皮の部分は常食しないようにしましょう。キダチアロエには、特にアロインが多く含まれています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。